単身赴任では「健康第一」を心がけよう!

単身赴任で一人暮らしをしていると、どうしても不摂生になりがちです。
せっかく期待されて任地へ赴いたのに、結局、体を壊してしまった・・・なんていうことになったのでは最悪です。
まずは「健康第一」を心がけること、それが実りある単身赴任生活につながるはずです。
今回は、単身赴任者が健康的な生活を送るうえで心がけたいことについて考えてみました。
■野菜不足に注意
まず何といっても注意したいのが食事です。
外食だけに頼らず、できるだけ栄養バランスのとれた食事を心がけましょう。
一人暮らしをしていると、野菜が不足しがちになるので、十分な注意が必要です。
朝は時間がないからといって、朝食抜きはもちろん禁物です。
■夜更かし癖は厳禁
一人暮らしをしていると、ついダラダラと夜更かしをしてしまうことがあります。
早寝早起きは健康の原点。
睡眠をしっかりとって、できるだけ規則正しい生活を送るようにしましょう。
■付き合いはほどほどに
単身赴任先では、職場の仲間とのつながりも大切ですが、夜のお付き合いはほどほどにしたいところです。
以上、思いついたことをいくつかあげてみましたが、やはり健康は自分で創るものです。
自分流の工夫とアイデアで、より健康的な毎日が送れるように頑張ってください!!

単身赴任で用意しなければならないものは!?

最近、友人の転勤が決まりました。
子供や奥さんのことを考えると、「単身赴任がいいのかなぁ」なんていう話をしていましたが、実際に単身赴任が決まった場合、一体どんな準備が必要なのでしょう。
今回は、単身赴任で用意しなければならないものについて考えてみました。
わかりやすくするため、<衣・食・住>に分けて考えてみると、
★衣
衣類については、シーズン別に最低限のものがあれば十分だと思います。
寒冷地へ行く場合は、冬に備えて防寒用の衣類が必要です。
衣料タンスなどは、できるだけ部屋に備え付けのものを有効活用したいところです。
★食
食器類も最低限のものがあれば事足りるはずです。
炊飯器やポット、鍋などは、よりコンパクトなものを揃えましょう。
★住
住環境については、できる限り「シンプルイズベスト」を心がけたいものです。
家具によっては、中古で十分な場合もあるはずなので、事前にチェックしてみてください。
単身赴任の経験者から安く譲ってもらうという方法もありますよね。
これら<衣・食・住>のほかに、どのようなものが必要か、まずは自分なりにチェックリストをつくって、より計画的に用意することがポイントです。
単身赴任を終えて、再び家族のもとへ帰ってきたときのことも考えながら用意するのがいいと思います。

単身赴任に憧れています!

最近は、なぜか単身赴任に憧れています。
自分の知り合いの中にも単身赴任の経験者が何人かいて、あれこれ話は聞いていますけど、やっぱり自由なところが大きな魅力かなと思います。
自由というよりも、"自遊"とでもいったらいいのか(・・・もちろん当て字です)、自分の時間を好きなように使いきることができるのは、本当に大きいですよ。
自分の知り合いの場合は、関東や関西へ行くケースが多いようですが、新しい発見があって、ずいぶんと勉強になったという話です。
単身赴任を通じて、自分の見識を広げることができるのは嬉しいですよね。
できることなら自分も一度でいいから、単身赴任をしてみたいような気がします。
実際のところは転勤のない会社なので、単身赴任もあり得ないわけですけど、これから先のことなんてわかりませんからねぇ。
例えば「京都へ転勤!」なんていわれたら、二つ返事でOKすると思いますね。(笑)
もちろん単身赴任というと、それなりに大変なこともあるはずですが、そこはポジティブな発想を前面に乗り切りたいです。
できるだけ地場に溶け込んで、地元人になりきればなりきるほど、おもしろいことが発見できるのでは・・・と思っています。
観光ガイドブックには載っていないようなユニークなスポットを探し出せるのは、大きな魅力だと思いますよ、本当。
憧れの単身赴任
単身赴任が決まったら、ぜひ皆さんも自遊な時間を満喫してください!!